闇金融とは

インターネットや雑誌のカードローンの広告を眺めていると審査無し・ブラックOK・高額融資可能などの文言を掲げている金融業者を時々見かけます。
こういった借り手にとって常識では考えられない有利な条件で勧誘している業者は闇金融であることが多いです。
闇金融のターゲットは他では既に借り入れすることが出来ないブラックの人だけでなく専業主婦も含まれています。
闇金融とは財務局長または都道府県知事に貸金業の登録をしていなく違法な営業をしている金融業者で、必ず広告などに記載する貸金業の登録番号は無いか虚偽の番号を使っています。
また貸金業会へ未加入で他からのチェック機能もなかなか働きません。

ですから闇金融からお金を借りてはいけない事は基本です。
ではもし闇金融を利用してしまうとどんなリスクがあるのでしょうか。
まず勧誘の時の甘い言葉と実態は全く違います。
まとまった金額を融資してくれることはありません。
少額を法外に高い金利で貸付し完済させずに利息分だけを永久的に徴収しようとします。

例えば3万円を10日で5割の利息で融資を受けた場合、10日後には4万5千円を払って完済しようとするといろいろと云いがかりをつけて利息の1万5千円だけを徴収し元本の3万円は無理に貸付します。
これを延々と繰り返すのですが、3万円借りる人が10日後に1万5千円返せるわけがなくどんどん借金が大きくなるということです。
返済できなければ本人のみならず家族にも朝から晩まで電話をかけ請求し続けます。
利用者の弱みに付け込んだ非常に悪質な手口です。
闇金融はデメリットしかありませんので絶対に関わらないようにしましょう。

星内緒で借りられるカードローンを紹介しています