専業主婦でも借りられる条件とは?

自分自身に収入のない専業主婦が専業主婦名義でお金を借りるには条件があります。
それは夫の扶養に入っていて、夫に毎月安定した収入(給与)があることです。
有名企業は、一般的な年収を調べることができますから、それが信頼になり収入がいいとされてお金を借りることもできます。
その場合はいざとなった時に夫が支払う能力があるということで借入ができます。
とは言っても、借り入れた金額を支払えなくなると夫にバレて夫に支払いを頼むことになってしまいますから注意しなくてはいけません。
借入をして、すぐに返すというなら夫の扶養に入っている健康保険証を提示しましょう。
そうすることで、とっさの時に借入ができます。

借入が出来る基本的年齢と一部の例外について
基本的に消費者金融での借入は、20歳以上である事を条件としています。
例外として認められるのは、本人が結婚している場合に成人しているとして借入が認められます。
また学生の場合は学生専用ローンというものが存在します。
これは基本的に18歳以上でなければ借りる事が出来ません。
他にも長期的に安定した収入があれば認められるケースがあります。
返済能力があると認められる事が重要になります。
借入の年齢制限を20歳以上としているのは、就職していて安定的な収入を得ていて十分な返済能力を持っていると考えられているからです。

収入の無い専業主婦でも借入することができる
年収の3分の1までしか貸し付けてはいけないと法律で定められているため、基本的に無職の人は借入をすることができません。
しかし、消費者金融のホームページなどを見てみると「専業主婦でも借入OK」などの宣伝文句が並んでいます。
確かに収入の無い主婦でも利用することはできますが、そのさい配偶者の同意を得たうえで、配偶者の年収を基礎として借入が可能になるのです。
その場合、配偶者の同意書はもちろん、年収の証明書を提出する必要があります。
また、学生の場合アルバイトなどで継続した収入があれば、融資を受けることができます。

星内緒で借りられるカードローンを紹介しています