カードローン延滞のリスクとは

カードローンで借り入れを行うと、毎月約定日といわれる指定日に一定金額を返済するシステムになっています。
返済方法はATMから入金したり自分の銀行口座から自動で引き落とされる方法などがあります。
この約定日に返済を怠ったり、口座の残高が満たなかったりすると延滞ということになり、信用をなくしてしまうリスクがあります。
ただ、数日程度の延滞だけですぐさま利用が停止されてしまうことはありません。
延滞に気付いた時点でまずは出来るだけ早く金融機関に電話連絡して、延滞してしまった旨と今後の返済予定を伝えましょう。
事前に今回の返済が間に合わないとわかったら、約定日前であっても連絡するほうが良いです。
やむを得ず延滞してしまっても、返済の意思を持って誠意ある対応ができていることが分かれば、相手に与える印象も変わってきます。
でも電話連絡さえすれば何度延滞しても大丈夫というわけではありませんのでご注意ください。

返済を延滞している間は、そのカードでの借り入れはできなくなります。
延滞金を含めた金額をきちんと返済し終えたら、再度借り入れ可能になる場合がほとんどです。

一度の延滞だけでいきなり、いわゆるブラックリストにのるなどということは通常ありません。
しかしもし数ヶ月も返済せずに放置しておくとブラックリストとなり、
そのカードローンだけでなく他の金融機関でも借り入れが不可能になってしまいます。
ブラックリストというのは個人信用情報に悪い記録がつくことで、審査の際に判断材料になる重要なものです。
リスクとしてはほんの数日の延滞のみでブラックになることはありませんが、
そのカードローン会社での記録上は延滞した事実が数年間残ります。

遅れても延滞金も含めた払い込みを済ませれば大丈夫と甘く考えずに、少しでも信用をなくさないよう日ごろから心がけることが大切ですね。
ちなみに正しくは遅延損害金と呼ばれる延滞金ですが、これは日割りで計算されます。
1日でも早く入金することで延滞金が少なくてすみます。

星内緒で借りられるカードローンを紹介しています